旅行

宮島にある「豆柴カフェ」で可愛い子犬に癒されてきた・・!

 

こんにちは!

コーダ(@yoshiko_san_gp)です!

先日、友達にさそわれて宮島にある「豆柴カフェ」なるところにいってきてとてもいい場所だったのでご紹介したいとおもいます。

 

  • 豆柴カフェってどんなところ?
  • 雰囲気はどんな感じ?

 

帰ってきてからインスタに写真を投稿すると「どうだった?」と何人から聞かれたので気になってる方はぜひ最後までチェックしてみてください!

 

豆柴カフェってどんなところ?

豆柴カフェはまだ幼い柴犬(=豆芝)とふれあいながらコーヒーやドリンクを楽しめるカフェです。

全国展開しているお店で、店舗によっては豆柴だけではなくフクロウ・ベンガルキャットを見ることもできるんだとか!

ぼくは今回あまり時間がなかったので豆柴とだけたわむれてきました〜

 

サービス内容

 

お店に入って入場券を買うと店員さんから注意事項の説明がありました。

そのあとは30分はひたすらたわむれることができます!

1歳くらいの豆柴が6〜7匹くらい自由気ままに動いてます(笑)

おもちゃで遊んでいる子もいれば・・・

 

店員さんの膝で寝ている子もいました

 

基本的に自分から寄ってくる子はいなかったのですが、店員さんがおとなしい子を抱っこして連れてきてくれます。

せっかくお金を払ったのに何もできなかった・・

なんてことにはならないのでご安心を!

コーダがいったのが日曜日で店内はとても混んでいました。

空いていたのが隅っこしかなく近くを歩いてくれる豆柴はいなかったのですが、しつけで寝る時は部屋の隅っこで寝るようにしているらしく・・・

お疲れの子を寝かしつけているところを

パシャっ・・・!

起こしてごめんね・・・!

そうこうしているとあっという間に30分経過!

あまり豆柴も近くに寄ってはきてくれなかったものの取れ高バッチリで満足できました!

アクセス

 

豆柴カフェはフェリーのりばから出てすぐ近くにあります。

フェリー乗り場から降りて・・・

斜め右へ向かえばすぐ!

この入口が目印

 

料金

 

大人:780円(中学生以上)
子供:580円(4歳〜小学生)
3歳以下:無料(ドリンク代で180円は必要)

子供(4歳〜小学生)の場合は保護者の同伴が必要なのでご注意を!

豆柴カフェの感想!

 

めちゃくちゃ可愛かった・・

1・2歳くらいの犬ってなんであんなにモフモフで可愛いんですかね・・

30分は決して長い時間ではありませんが宮島は水族館のリニューアルやスタバをはじめとしたオシャレなカフェができたりと地元民もびっくりの盛り上がりようです!

なのでいまの宮島を堪能しようと思うととても1日では回りきれません。

30分でさくっと癒されたあとは食べ歩きの旅にふらっと出かけるのがオススメ。
宮島に観光にきた際はぜひ立ち寄ってみてください!