ゲーム

ちょっぴり高い素敵な絵本。『嘘つき姫と盲目王子』ネタバレなしプレイ後レビュー

 

コーダの主観だらけのゲームレビュー第2弾!

こんにちは。コーダ(@yoshiko_san_gp )です!

『嘘つき姫と盲目王子』

5/31に発売されたタイトルで少しずつプレイして昨日クリアしました!

発売前からトレーラーで王子と姫のイラストを見て「、、、好き!」とときめいて発売日に買いに行きました!!

実際遊んでみてもとても素敵な作品で涙腺のゆるいぼくはエンディングでボロボロ泣いてしまう始末(笑)

  • 『嘘つき姫と盲目王子』はどんなゲーム?
  • 遊んで見てよかったところは?
  • いまいちだったところは?
  • どんな人にオススメのゲーム?

この記事ではこんな疑問にお答えして購入の判断材料になるようご紹介していきます!

どんなゲーム?

【概要】

『嘘つき姫と盲目王子』は2D横スクロール謎解きアクション。

魔界戦記ディスガイア』や最近だと『深夜廻』などで有名な日本一ソフトウェアが制作しています。

発売前から週刊ファミ通2018/6/8号の新作ゲームクロスレビューにて30点以上の得点を得た作品に送られるゴールド殿堂入りを果たすなど、ぼくよりもゲーム歴の長い先輩たちからも納得の評価を得ているようです。

あらすじは移動中で再生できない方もいるとは思いますが、ぜひ音と映像でお楽しみください。


嘘つき姫と盲目王子 朗読ムービー

【ポイント/注目ポイント】

・可愛いイラストとファンタジーな世界観

・狼の化け物と王子の複雑ストーリー

・ゲームを飛ばせるステージスキップ機能。

【ゲーム性】

・難易度は易しめ

・初見殺しが多いものの頭を抱えて悩むほど難しくはない。

【プレイ時間】

・3時間50分

→ゲームは下手なので上手い人なら3時間あればクリアできるかな?

【ゲームシステム】

・王子の手を取りながら魔女の館まで導く

姫は①王子の道しるべとなること②狼の姿で障害物を破壊したり化け物を倒すことがメイン

王子には3つの指示が可能①右へ歩く②左へ歩く③ものを持つ/置く

・それらを駆使し謎を解いていく

・コレクション要素あり

ステージにはたまに黄色の花びらが落ちています。それらを集めることでキャラクターのプロフィールや設定資料を閲覧可能。

また、王子はとても花が好きで、ステージに存在する花畑から花をプレゼントすることで王子が「お話」を聞かせてくれる

高い芸術性を持つ「遊べる絵本」

【よかった点】

・グラフィックとBGM・ストーリー展開◎

イヤホン推奨

→作品の世界に入り込めるのでおすすめ!

・ナレーションは飛ばさない!

ぜひナレーションは飛ばさず、流れる文字と言葉をかみしめながら見て欲しい!

キャラクター固有の声優さんはおらず、1人のナレーションで進むのですが、感情表現であったり間のとり方などやっぱり「プロ」の仕事を感じざるを得ません。

それでもちょっぴり高いかな

・ちょっと高い。

・やり込めば10時間ほど遊べるかもしれないがそれでもフルプライス払うのは、、という人も多いと思う

まとめ:こんな人にオススメだよ!

・アクション・謎解きゲームとして遊ぶのには少し物足りなさを感じると思う。

・ビジュアルやトレーラーを見てビビビっときた人、芸術面で魅力を感じた人には楽しめる作品になるのではないかと思う

今回は文章よりも見やすい箇条書きで特徴をまとめてみました。

ゲームのレビュー記事もまだまだ不慣れですが、やっぱりゲームは高価なものです。

できるだけコーダの記事で

「うん。やっぱり面白そうだ」

「ああ〜これなら買わなくてもいいかな」

と判断できるような記事制作ができるよう努力して行きますのでまた次回も見ていただけると励みになります!

前回『Detroit:Become Human』のネタバレ最小限でレビューもしました!

買おうか悩んでいる方はこちらも参考にしていただけたらと思います。

www.m-koda.com

では!